« 予告通り・・・「初音ミク -Project DIVA- f」店頭体験会が開催 | トップページ | 6月16日のデイリーゲームニュース(メディアサイト) »

2012年6月16日 (土)

圧倒されるWii U独占タイトルは無かった、とGow of War開発者はかく語りき

jaf
「Gow of War」や「Twisted Metal」の産みの親で知られれる鬼才David Jaffe氏がE3で公開されたWii U及び、ゲームコンソールの未来について語っていますのでご紹介。

Game consoles will be extinct after next-gen, says Jaffe | GamesIndustry International


「いくつかのゲームをプレイし、Raymanを楽しみましたが、各々のWii U独占タイトルに圧倒されることは無かった」と、Jaffe氏自身は「Wii U」に対して興奮することは無かったようですが、「コアゲーマーではない多くのゲームファンにとっては今まで通りWii Uはメインストリームだろう」とコメントしています。

またJaffe氏はゲームコンソールそのものが「恐竜」化すると考えているようです。

「(家庭用ゲーム機は)斜陽市場でしょう。ビジネスモデルは変わりました。スマートフォンやタブレット、そしてストリーミングになり、コンソールは遠くに行ってしまいます。私は今の流れならば次世代ハードウェアが最後のコンソールとなると思っていますし、そうあるべきだと考えています。」

SCE在籍時代から過激な物言いで知られていたDavid Jaffe氏は、ゲームコンソールは近い未来にコモデティデバイスやスマートTVへと役割がシフトされると主張しています。これは既にコンソールビジネスを守らなければいけない立場から離脱しているJaffe氏 の本音でしょうし、そして今は私も近い考えですかね。

PCはますます高性能化され、現在のハイエンドも瞬く間にミドルエンドとなりコアゲーマーはPCへと棲み分けされるのでしょう。噂されている次世代PSやXboxがどの程度まで市場を獲得できるかは未知数ですが、現世代機のPS3/Xbox360クラスまで成長することは無いと予想します。ニッチな市場ならば、汎用的なPCを選択する人も少なくないでしょう。

任天堂岩田社長も次世代PS/Xboxの強化されたビジュアルが現行HDTVでどれだけの差異として世間に認知されるかどうかを疑問視していますし、PS2→PS3のような「一目で判る違い」を見いだすことは難しい。フレームレート等は実際にプレイしないと判らないですから。

私はハイテク好きとして次世代機に注目はするものの、ビジネスとしての成功には全く期待していなかったりするのです。はたして「独自世代」の任天堂はPS3/Xbox360世代が続く事と、高価格高性能機が登場する事のどちらを「望ましい」と思っているのでしょうね。





|

« 予告通り・・・「初音ミク -Project DIVA- f」店頭体験会が開催 | トップページ | 6月16日のデイリーゲームニュース(メディアサイト) »

WiiU」カテゴリの記事