« アイマスライブでPV公開!「アイドルマスター シャイニーフェスタ」ティザーサイトオープン | トップページ | Amazon新着(ニンテンドー3DS LL各色、Newスーパーマリオブラザーズ) »

2012年6月22日 (金)

驚愕、これでも売れるのか・・・「AKB48+Me」最新PVが公開

akbm
2012年秋の発売が予定されているニンテンドー3DS「AKB48+Me」の最新PVが公開されていますのでご紹介。

『AKB48+Me』AKB48の研究生となってアイドルたちの日常を体験しよう - ファミ通.com


角川ゲームスより2012年秋に発売予定の『AKB48+Me』は、人気アイドルAKB48の研究生となり、3年間という期限内に選抜メンバー入りを果たすため、日々努力するシミュレーションゲーム。正規メンバーになれば、テレビ出演やユニットを組んでの音楽活動、劇場公演、握手会、じゃんけん総選挙などに参加することが可能。また、憧れのAKB48メンバーとの友情エピソードや、芸能界の裏事情的なエピソードなどのイベントも発生するなど、ファンの心をくすぐる要素が多数盛り込まれている。

「AKB48+Me」
メーカー:角川ゲームス
対応機種:ニンテンドー3DS
発売日:2012年秋発売予定
価格:価格未定
ジャンル:シミュレーション / アイドル・育成
備考:すれちがい通信対応
l_4fe2f4cfc54d0

初出の際にも驚きましたが、じっくりとPVを視聴すると凄さが良く判ります。

純粋にゲームとしてならば、それなりに作り込んでいるとは思いますが、購入する層は「AKBのファン」に限られています。恐らくは彼らが最も重要視するであろうビジュアル部分をこれだけ蔑ろにしている訳ですから、「すれちがい」ではなく「平行線」、本来であればコンフリクトすら起こらないでしょう。

しかし、このゲームの凄さはこんなところではありません。前述したように「ファンが求めている要素」なんぞ最初から考慮していない企画ですら通ってしまう「AKBの商品力」なのです。握手券や投票券を付けてしまえば売れてしまうのですからゲーム内容にバジェットを掛ける必要なんぞありません。

「これでも20万~30万は売れてしまうんだなぁ」という陰鬱極まりない心境に陥ってしまうのは私だけでは無いでしょう。でも、これがゲーム業界の新しい潮流となるかも知れません。ガチャガチャのソーシャルゲームか握手券のおまけゲーム、貴方はどちらの未来を選択しますか?
 





|

« アイマスライブでPV公開!「アイドルマスター シャイニーフェスタ」ティザーサイトオープン | トップページ | Amazon新着(ニンテンドー3DS LL各色、Newスーパーマリオブラザーズ) »

3DS」カテゴリの記事