« 大阪には早矢仕Pもやってくる!「DEAD OR ALIVE 5」店頭体験会が開催 | トップページ | 偏見を吹き飛ばせるか・・・「スマブラ」最新作はバンナム最強スタッフで開発 »

2012年6月22日 (金)

右パッド無し・・・「3DS LL」雑感

bbb
Nintendo Directで発表された「ニンテンドー3DS LL」についてつらつらと。

4Gamer.net ― 画面の大きさが1.9倍になった「ニンテンドー3DS LL」が発表に。 価格は1万8900円(税込)で7月28日に発売


 任天堂は本日(2012年6月22日),ニンテンドー3DSのサイズバリエーションモデル「ニンテンドー3DS LL」をを7月28日に発売すると発表した。価格は1万8900円(税込)となっている。

 折りたたみ時のサイズは156(W)×93(D)×22(H)mmで,重量は336g。画面サイズが大型化し,上画面は従来モデルの3.58インチから4.88インチ,下画面は3.02インチから4.18インチにアップしている。バッテリーも大型化し,3DSソフトをプレイしたときの駆動時間は従来モデルの約3時間~5時間から,約3時間30分~6時間30分となった。
ll

まぁ第一印象は「デカッ」ですよね。手の大きな海外ゲームファン向けの需要はあるのでしょうが、日本人にとってはひたすら「デカッ」です。DSi LLよりも大きいですな。まぁこのあたりは今年のホリデーシーズンの発売が予定されている「Wii U」のゲームパッドが500gという重量級コントローラですので、一方的に「デカイ」「デカイ」と言われないためのささやかな抵抗なのかも知れません(笑)

今回発表された「ニンテンドー3DS LL」はあくまでもサイズバリエーションモデルという事で、期待されていた「右スライドパッド」が内蔵される事はありませんでした。初代3DSを絶賛紛失中の身としては、新型で右スライドパッド搭載モデルに期待していただけに少し残念ですな。

まぁ任天堂としても、考え抜いて設計したはずの操作体系に「追加」する時期はまだ早い、穿った書き方をするならば「今変更したら失敗を認めることになる」と考えているのかも知れません。追加スライドパッドはあくまでも「補佐的」なエクステンションという位置づけになりそうです。

画面が大きくなったことで解像度の粗も判りやすくなりますし、残念ながら今回の購入は見送る予定だったり。

【Nintendo Direct】米国任天堂、「ニンテンドー3DS XL」を8月19日発売 | インサイド (任天堂、3DSのニュース)

【Nintendo Direct】ニンテンドー3DS LL発表、海外ゲームファンの反応 | インサイド (任天堂、3DSのニュース)





|

« 大阪には早矢仕Pもやってくる!「DEAD OR ALIVE 5」店頭体験会が開催 | トップページ | 偏見を吹き飛ばせるか・・・「スマブラ」最新作はバンナム最強スタッフで開発 »

3DS」カテゴリの記事