« いい方法=延長・・・「機動戦士ガンダムUC」はEP7で完結 | トップページ | 5月14日のデイリーゲームニュース(個人ブログ) »

2012年5月14日 (月)

週販:任天堂にとっての「小売」と「ファミリー」・・・(2012年4月30日~5月6日)

週販
2012年4月30日~5月6日の週販ランキング(メディアクリエイト調べ)をご紹介
sale

GWど真ん中の週、と言う事でファミリーゲームが人気の週でした。

このあたりは年末年始も同傾向ですね。クリスマスシーズンで任天堂が圧倒的に強い事もありますし、やはり任天堂にとって小売は一番大切な販路で、将来的に小売が縮小されると一番打撃を被るのは任天堂でしょう。

それだけに、先般発表された任天堂の「小売ダウンロード」制度については実に興味深い。「任天堂は小売を大切にしている」という言葉は実に綺麗ですが、「潰れてもらっては困る」から保護しようとしていると受け止めることも出来ます。

しかし、非ファミリー層の代表とも言える私にとってゲーム小売は消滅しても大きな問題はありません。ぶっちゃけ中古もAmazonがありますしね。勿論「小売縮小=ゲームビジネスの縮小」というネガティブな情報が過剰に報道されることは好みませんが、いつかはデジタル販売へとシフトして販売単価自体を下げないと家庭用ゲームビジネスの未来は暗いと考えています。

いつの間にかコンピュータゲームは「パーソナルな遊び」から「ファミリーやパーティの中心」として活躍するようにもなりました。このあたりは任天堂の功績ですが、私個人にとっては縮小しても何も困らないカテゴリでもあります。任天堂の「小売保護施策」にどれだけ延命効果が有るのか、無いのか、ここ数年で趨勢は見えてくるはずです。それまでに私の紛失した3DSが見つかれば良いのですが・・・。

4Gamer.net ― ゴールデンウィークは「マリオパーティ9」が好調だった「ゲームソフト週間販売ランキング+」


|

« いい方法=延長・・・「機動戦士ガンダムUC」はEP7で完結 | トップページ | 5月14日のデイリーゲームニュース(個人ブログ) »

週販」カテゴリの記事