« フラゲ:なんと、PSP「ダンボール戦機W」の開発はトライエース | トップページ | 「WipEout HD」の体験版/製品版が配信再開 »

2012年4月19日 (木)

フラゲ:セールスは特典次第? 3DS「AKB48+Me」が凄まじい。

fami

2010年、2011年と市場に響く結果を残した「AKB48」のゲームが今年も発売されることが明らかになりましたのでご紹介。

ゲーム好きニュースクリップ : PSV「ソウルサクリファイス」、PSP「新・剣と魔法と学園モノ。刻の学園」、3DS「閃乱カグラ Burst」などファミ通フラゲ情報まとめ

3DS AKB48+Me (2012年/角川ゲームス)

・3年以内に選抜メンバー入りを目指す育成SLG
・AKBのメンバーは実写ではなくMiiとして登場
・テレビ出演、劇場公演、握手界、じゃんけん大会、総選挙とAKB関連イベントを網羅
・劇場公演などのステージは、人気の楽曲に合わせてメンバーがリズムアクションゲームで踊る

昨年までのバンナムではなくパブリッシャが角川ゲームスに、プラットフォームを3DSに、ゲーム内容も育成SLGへと色々と変更されています。

しかし一番衝撃的なのはビジュアル。見目麗しい事で世間に知られているAKB48のメンバー達はMiiとしてゲームに登場するのです。この記事を書いている段階ではフラゲ情報につき、画像は正式公開されてから貼り直しますが、なかなかのインパクトがあります。

まぁ、なんと言いますか、私はあまりAKBを知りませんし、似ているかどうかの判断が実に怪しい事は承知の上で書きますが、似ているならばこんなに人気は出ないでしょうし、似ていないならもう少し似せるよう努力して欲しい。

1988年にディスクシステムで発売された「中山美穂のトキメキハイスクール」の方が「ゲーム単体」で比較するならばビジュアル的な魅力を提示できていると感じたのは私だけでしょうか?少なくともファミコンの性能内で似せようとしていましたよ。

no title

とはいえ、バンナムから2作品発売されたPSP用AKBゲームは、共に初週23万本を突破するヒットタイトルとなりました。国民的知名度を誇るAKBの人気は勿論、彼女たちを支えるファン達の購買力が大いに話題になったものです。

AKB1/48 アイドルと恋したら・・・236,282
AKB1/48 アイドルとグアムで恋したら・・・ 236,587

さて、今回発表された3DS版がPSP版に匹敵する売上をたたき出せるのでしょうか?その鍵を握るのは、タイトルにも書いたとおり「特典次第」でしょう。ファンが複数購入を躊躇しない程の特典を付ければミリオンだって夢ではありません。

角川ゲームスが何を「特典」に付けるのか?
そして、初週何本が売れるのか?に全世界の好奇が集まります。


|

« フラゲ:なんと、PSP「ダンボール戦機W」の開発はトライエース | トップページ | 「WipEout HD」の体験版/製品版が配信再開 »

3DS」カテゴリの記事