« ゲームかなー雑記:「好きなものだらけ」2012/2/17 | トップページ | 2月18日のデイリーゲームニュース(メディアサイト) »

2012年2月18日 (土)

噂:コントローラが本体?「Wii U」脅威の隠し球(候補)が続々と

wiiu
2012年6月に開催されるE3で最終形が発表される任天堂の次世代コンソール「Wii U」のタブレットコントローラに採用される(かも知れない)特許資料が話題になっていますのでご紹介。

任天堂、Wii Uタブレットの3D表示など複数機能の導入を検討か | インサイド (任天堂、Wii Uのニュース)

年末商戦期のローンチに向け、6月のE3 2012で「最終形」が公開されると言われる新型据え置きハードWii U。新たに見つかった任天堂の特許資料から、導入が検討(あるいは廃止)されたかもしれない複数の機能が明らかになったそうです。
  • 音声認識ソフトウェア。 ※ゲーム中のボイスコマンドなど
  • タブレットコントローラー前面/背面の追加マイク。
  • タブレットコントローラーのカメラにユーザーの顔認識機能。
  • 顔のデータはWii Uのメインメモリに保存。
  • ビデオチャット機能。 ※Skypeに似たサービス。
  • タブレットコントローラーのアタッチメント。 ※ガンコンやキーボード等
  • タブレットコントローラーの3D表示。
  • タブレットコントローラーのHD表示。 ※1080p

勿論特許資料に過ぎない情報ですが、全て搭載されるならば相当魅力的なハードに仕上がりそうです。

とはいえ、どう考えても従来のコントローラと比較すると高コストなタブレットコントローラがますます高価格になりそうで、本体の基本機能とのコストの奪い合いになりそうです。「Wii U」においては国内外で予想されている漠然としたロンチ価格(日本円で2.5万)を上回る事は任天堂としては許されないという認識を持っているはずですから味付けが難しい。

それにしても、もうここまで来たら「コントローラが本体でいいじゃん」という大胆な予想も出来ます。タブレットコントローラの大きさならディスクドライブも内蔵できそうですし、据置の本体は映像出力と充電機能を備えた「ワイヤレスドック」という位置づけで別売にしてしまえばコストも削減出来ます。

「本当に持ち運べる据置機」・・・結構面白いと思いませんか?

|

« ゲームかなー雑記:「好きなものだらけ」2012/2/17 | トップページ | 2月18日のデイリーゲームニュース(メディアサイト) »

WiiU」カテゴリの記事