« ゲームかなー雑記:「27インチモニタ」2012/2/28 | トップページ | 2月29日のデイリーゲームニュース(メディアサイト) »

2012年2月29日 (水)

鉄拳・原田PはWii Uの性能に満足しているらしい。

harada

2013年の発売が予定されているWii U用「鉄拳」についてシリーズプロデューサーの原田氏が興味深いコメントを残していますのでご紹介。

Tekken Wii U: 60fps, low image latency • News • Eurogamer.net

原田氏はWii Uの性能について下記のように語っています。

Wii Uはコントローラと画面の伝達速度の速さが印象的です。最初にWii Uを見たとき、対戦ゲームには致命的な遅延が気になりましたが、レイテンシーが1/60以下である事を知ったときは嬉しかった。

Wii Uの特徴であるタブレットコントローラに掛けるコストが増大すれば、自然と本体のスペックが割を食う形になる訳ですが、さすがに他陣営より6年遅れで投入されるHD機だけあって基本的な性能にも期待出来そうですね。

他記事ではXbox360の2倍の性能との情報もありますし、現行HDTVの性能を程よく引き出すゲーム映像を楽しめそうです。

ぶっちゃけWii Uのタブレットコントローラにしても技術的に驚くような要素は何もありませんが、枯れたハイテクを玩具として流用することに長けた任天堂の商品力には注目しています。E3 2012の正式仕様が今から楽しみです。

後はサードパーティが「マルチタイトル」の中でWii Uの性能をどこまで引き出せるかが気になりますね。ハードの購入は決定していますので、後は欲しくなるようなソフトがたくさん発表されたら嬉しい、やはり3DSのように眠り続けるのは悲しい。

|

« ゲームかなー雑記:「27インチモニタ」2012/2/28 | トップページ | 2月29日のデイリーゲームニュース(メディアサイト) »

WiiU」カテゴリの記事