« 「MotorStorm 2」最新情報 4/27 | トップページ | 「Wardevil」公式更新、フルHDトレイラー配信も近々 4/27 »

2008年4月27日 (日)

ホラーゲーム初心者の「SIREN:New Translation」体験版 4/27

金曜日に配信された「SIREN:New Translation」体験版をようやくプレイできました。なお、私はPS2版「SIREN」シリーズは一度もプレイしたことがないどころか、ホラーゲーム初心者だったりします。

ここ1年、本来であれば手を出す事も無かったであろうゲームジャンルを色々と体験しているのもPS3の極端なRPG不足が原因です。まぁぶっちゃけた話、PS3用新作RPGがポンポンと発売されている状況ならとっくにブログ運営は縮小or終了してる訳で、結果として私個人のゲームライフの幅は確実に広がっている事がRPGゲーマーとしては複雑ではあります。


さて本題の「SIREN:New Translation」。単なる1作目のリメイクではなく、ザッピング形式を採用した別々の視点による新解釈のゲームとの事です。私は「旧作ファン以外でも楽しめるのか?」との観点で体験版をプレイしました。

・登場人物は外国人
体験版に登場するキャラクタは民俗学者「サム・モンロー」、途中で合流するキャラも日本人ではない為にオリジナルが持つ「和風ホラー」の雰囲気は最初から放棄して再構成されています。この辺りは従来の「SIREN」ファンにとっては複雑な事かも知れませんし、逆に海外のファンがどのような反応を示すのかも興味があります。

・カメラ操作が悪い・・・が
右スティックで視点操作中にスティックを戻すと視点も戻ってしまいます。最初にプレイすると「何じゃこりゃ」と100人中100人が感じることでしょう。まぁ「敢えて」最近の3Dアクションゲームで主流の自由視点を不自由なものに制限したとは思います。体験版のステージは暗闇で懐中電灯を照らしながら移動しますので、思ったように視点が動かない状況で後ろから屍人に襲われたりすると結構「ビクッ」とします。バイオハザードのイライラする独特の操作感覚に近いものがありますね。

余談ですが、無操作状態でキャラ放置すると独自ポーズをとるゲームキャラは多いですが、「サム・モンロー」も定期的にクシャミをします。その度に懐中電灯の光が揺れますのでこれまた「ビクッ」とさせられるのです(笑)

・「視界ジャックシステム」なにそれ?
「SIREN」シリーズの売りである「視界ジャックシステム」についてはヘルプ画面でテキストは出てきますが、体験版では登場しません。旧作の紹介記事等を読む限りではかなり興味深いですし、「SIREN」のアイデンティティとも言えるシステムが体験版では堪能できない理由が良くわかりません。

・音響がすばらしい
XMBでアイコンにカーソルを当てると音が出るゲームがあります。「忌火起草」でも一番怖かったのは不意打ち気味に出てくるXMBからの「はぁ~、はぁ~」だったりしますし。「SIREN」も同様に不気味な声が聞こえてきますが、これが結構長いので最後まで「ヘッドホン」で聴いてください、かなり怖いです。

ゲーム中もBGMや音響がホラーゲームの雰囲気を盛り上げてくれます。サラウンドも魅力的ですが、ホラーゲームの場合はヘッドホンが最適ですね。

・難易度は普通?

旧作は難易度の高さでも知られていたようですが「SIREN:New Translation」体験版段階では難しいとは思いませんでした(設定はノーマル固定)。まぁ体験版段階で難しすぎるゲームはどうなんだろうと思いますので難易度に関しては保留ですね。しかし、ここ最近のストーリー仕立てゲームの難易度は相当に下がっていますし、「誰でもクリアできる難易度と最後まで飽きさせない演出」は近代ゲームのトレンドです。私も「クリアできない」難解ゲームより「最後まで楽しめる」ゲームを選びたいですから大歓迎の方向性です。

・「体験版」製作は難しい?
一通り終了までプレイした感想は「体験版で何をアピールしたいのかが判らない」。新作「SIREN」の雰囲気はつかめるが、ゲームの本質部分や魅力を体験できるようには作られていないのが残念です。とは言いましても「SIREN」に対する期待が薄まった訳ではなく、「国内ソフトハウスは体験版の製作手法に不慣れ」だと感じただけのことです。

私は購入予定ですが、それはあくまでも評価の高い「SIREN」最新作がPS3で発売される事そのものへの期待だったりします。「龍が如く 見参!」も体験版自体はゲームの魅力を伝えきっていたとは感じませんでしたし。

まぁ最後に本音を書かせて貰いますが、今の時期までシークレットでサプライズ発表、1週間後に急遽体験版配信にした効果は全く無いと思いました。既存PS3ユーザで「SIREN」経験者は「なんじゃこりゃ?」ですし、私のような未経験者にとっては極めて情報不足です。むしろ体験版は無しで、その代わり昨年あたりから雑誌等メディアで情報を小出しにした方が良かったんじゃないかなぁ・・・。何度も書いていますが。

Siren1

怖いですって

Siren

あんたも怖いけどなぁ



関連記事

SCEJ、ハリウッド的視点で描かれた“日本の恐怖”PS3「SIREN: New Translation」
【SIREN:New Translation】和製ホラーの傑作がPS3で復活!本日より無料体験版配信開始

|

« 「MotorStorm 2」最新情報 4/27 | トップページ | 「Wardevil」公式更新、フルHDトレイラー配信も近々 4/27 »

ゲーム」カテゴリの記事