« 「明石家さんちゃんねる」を観る | トップページ | PS3 英国で100万台突破 »

2008年2月14日 (木)

PS3 PS2ソフトのダウンロードとソフトエミュの可能性

PSNディレクター Eric Lempel氏が雑誌記事にて「PS2ソフトダウンロード」と40GB版PS3におけるPS2ソフトエミュの可能性についてコメントされています。

まぁSCEJでもエミュレーション技術者を募集していたりとPS2のソフトエミュレーションに対して何らかの動きを行っている事は事実でしょう。(今は募集ページは消えてたりします)

しかしPSN関係の偉い人のコメントと考えると意味深です。元々PS3によるPS2エミュレーションが困難である最大の理由がGSの帯域にあると言われている事は有名で、恐らくは現行のエミュレーションソフトでもある程度のソフトは支障なく実行できるのでしょう。しかし正式に公開するには十分ではない、要するに「動かないソフト」を検証するだけでも大変である事は容易に想像できます。

ですが、PS2互換機能を「ダウンロードタイトル」に限定すれば話は別です。十分に検証出来たタイトルだけを配信すれば互換性の問題は一応解決されますし、尚且つダウンロード収入も見込めるわけです。タイトル次第ですが1500円程度ならばお買い得感もあるのでは無いでしょうか。

勿論、これはユーザが望んだ形の「PS2互換機能」ではありません。しかし、「アーカイブス」のPS1タイトルが早くもネタ切れ(欲しいサードタイトルが殆どリリースされない)状況にありますし、PS2タイトルのダウンロードサービスには大いに期待しているのです。それに限定条件でも「PS2互換機能」を新PS3で一般に示す事が出来れば将来に期待できるというものです。

関連記事
http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=182248
http://kotaku.com/355645/is-playstation-3-backwards-compatibility-dead-maybe-not

|

« 「明石家さんちゃんねる」を観る | トップページ | PS3 英国で100万台突破 »

ゲーム」カテゴリの記事